業者の違い

ハウスクリーニングとハウスキーパーの違い

一戸建てを持つのは多くの人達にとって夢ですが、広い家は掃除が大変です。 最近では賃貸マンションでも広々とした間取りの部屋があり、掃除だけで一日を費やしてしまうような場所も珍しくありません。 そのような家にお住まいの方は、定期的にハウスクリーニングをお願いする事によって掃除の手間を省きましょう。 ハウスクリーニング以外に綺麗な部屋を保つとしたら、ハウスキーパーを雇うと言う手があります。ハウスキーパーとは料理や掃除などの家事を代行してくれるサービスの事です。 一方、本格的な掃除はハウスクリーニングでなければ請け負えない事もありますので、確認してみましょう。 ハウスクリーニングはフローリングのワックスがけや大理石の研磨など、家をしばらく掃除をしなくても良い状態に保ってくれる点で便利です。

料金から依頼を考える

ハウスクリーニングを雇う場合、どの程度の料金がかかるのでしょうか。 一般的に料金体系は、部屋数で換算する場合と、キッチンや浴室など掃除するポイントで分けられる場合があります。 相場としては、3LDKのマンションで、80,000円〜105,000円ほどかかるのが一般的です。 また、1LDKのマンションであれば40,000円〜75,000円ほどかかります。 一方ポイント掃除であれば、浴室で約16,200円、トイレで10,200円ほどかかると見積もっておきましょう。 自室はできるだけ自分で掃除をして、念入りに綺麗にしたい浴室はハウスクリーニングを依頼するなど使い分ければ安価に抑える事ができます。 一方、毎日家を留守にしがちな方は、全室サービスを頼むと良いでしょう。